BGP( Border Gateway Protocol )とは

最近更新

BGP ( Border Gateway Protocol )

BGP – EGPの一種

ルーティングプロトコルは、内部で使用するIGPと、外部で使用するEGPの大きく2つに分類できます。
RIPv2、EIGRP、OSPF、IS-ISは、AS( Autonomous System )内部で経路情報を交換するIGPです。
今回紹介するBGPは、AS間で経路情報を交換するEGPです。AS( 自律システム )とは、ある管理組織
にあるネットワークの集まりであり、例えば、ISPが管理しているネットワークは1つのASとなります。
※ OSPFやEIGRPのASは 同じルーティングプロセスを使用する範囲を指す用語のことであり、BGPのASとは異質のものです。EGPという名称が同じで紛らわしいですが、EGPには「BGP」と「EGP」の2つの経路制御プロトコルが
あります。現在では「EGP」は使用されておらず、後継のBGP( BGP version 4 )が使用されています。

◆ BGP – AS番号

BGPでは、インターネット上での各ASを識別するために番号を割り当てています。それがAS番号です。
ISP以外にも、大企業、学術研究機関なども1つのASが割り当てられており、AS番号の一覧はこちら
確認することができます。AS番号はICANNという組織によって、RIR(Reginal Internet Registry)に
ブロック単位で割り当てしています。日本ではJPINICやAPNICがAS番号の割り当てを管理しています。

AS番号は、以下の通りグローバルAS番号とプライベートAS番号の大きく2つに分類することができます。

AS番号 AS番号の範囲 用途
 グローバルAS番号 1 ~ 64511 インターネット全体で一意のAS番号
 プライベートAS番号 64512 ~ 65535 組織内部で自由に使用できるAS番号

◆ BGP – パスベクタ型ルーティングプロトコル

BGPは、パスベクタ型ルーティングプロトコルです。パスベクタ型では、AS内のルート情報に付加された
パスアトリビュートを送信して最適経路を決定します。デフォルトでは、宛先ネットワークまでに経由する
ASが少ない経路をベストパスとして使用します。下図では、AS1からAS2の「2.0.0.0/8」宛のパケットを
送信する時、BGPルータのISP1はASの通り道が少ない経路となるネクストホップとして「1.1.1.2」を選択。

◆ BGP – 特徴

インターネット上のBGPが設定されているルータは、2016年時点で60万ルート以上をルーティングテーブル
に保持していますが、転送プロトコルにTCPを使用して信頼性のあるルーティングアップデートを行います。
BGPでは定期的なルーティングアップデートは行わず、変更発生時にのみ差分アップデートを行っています。
また、BGPではパスアトリビュートという属性をルート情報に付加することによって、経路制御を行えます。

BGPの特徴 説明
 転送プロトコルにTCPを使用  TCPポート179を使用し、TCP接続を行い信頼性のあるルーティングアップデートを実行
 差分アップデート  定期的なルーティングアップデートを行わず、変更発生時にのみ差分アップデートを実行
 パスアトリビュート  パスアトリビュートをルートに付加して、詳細なポリシーを定義したルーティングを実現
 ループフリー  AS-PATHリストを使用することで、ループフリーの構成を実現
 クラスレスルーティングプロトコル  CIDRによるルート集約、VLSMによるサブネット分割時の可変長マスクを実現

◆ 参考:BGP – 4バイトAS番号( 4 byte AS number )

4バイトAS番号とは、AS番号を従来の2バイトから4バイトに拡張したものです。2バイトのAS番号が枯渇する
とみられており仕様策定されています。4バイトのAS番号は2バイトずつピリオドで区切り、それぞれを10進数
で表すことから、4バイトAS番号は「 0.0 」から「 65535.65535 」という値で表現されます。